WebMailのアドレスは?
対応しているブラウザのバージョンは?
何度やっても「ユーザIDまたはパスワードが違います」と言われ、ログインできない。
ID/パスワードを保存したい。
WebMailにログインしようと、ID/パスワードを入力して [GO] をクリックするが、反応がない。
または、「ユーザセッションが解除されました。もう一度ログインしてください」と表示され、ログインできない。
WebMail の文字が小さくて見づらい。
WebMail で送受信できる(1通あたりの)メールサイズは?
WebMail に保存できるメールの総容量は?
階層化してフォルダを作成したい。
迷惑メール(SPAMメール)を振り分けたい。
「添付ファイルのサイズを確認してください」というエラーが出て送信できない。
WebMailを普段利用しているメールアドレスに転送したい。
転送設定をしたら、WebMailから消えてしまった。
住所録に登録しているはずなのに、検索されない。
メールを保存したい。
携帯電話からWebMailを確認したい。
しつこい迷惑メールを受信拒否したい。
新着メールのポップアップ画面が邪魔なので表示させたくない。
新着メールのポップアップ画面を表示させたい。
「HTML」のプログラムソース文字が表示され、読みにくいメールがある。
古いメールは自動で削除したい。
プロフィールを変更して(発信元を変更して)メールを送りたい。
メールを予約送信したい。
携帯電話に送信すると、文字化けしていると言われた。
送信しようとすると、「その他のエラー」と出て、送信できない。
WebMailのアドレスは?
https://webmail.toho-u.ac.jpです。
対応しているブラウザのバージョンは?
Internet Explorer 9 以上(Windowsのみ)
Firefox 16 以上
Opera 11 以上
Safari 5 以上
googlechrome 22以上
何度やっても「ユーザIDまたはパスワードが違います」と言われ、ログインできない。
WebMailでは、ID/パスワードの入力のほかに、ドメインを選択する必要があります。正しいドメインが選択されているか確認してください。
ID/パスワードを保存したい。
セキュリティ上、パスワードは保存できません。ID/ドメインは保存することができます。ログインの際、【ID保存】
にチェックを付けてください。
WebMailにログインしようと、ID/パスワードを入力して [GO] をクリックするが、反応がない。
または、「ユーザセッションが解除されました。もう一度ログインしてください」と表示され、ログインできない。
ブラウザのセキュリティレベルの設定が高すぎたり、Cookieを許可しない設定になっていないでしょうか。WebMailは、
セッション管理にCookieを利用しています。セキュリティレベルやCookieの受入れレベルを低い方に変更してください。

(例) Internet Explorer10の場合
「ツール」→「インターネットオプション」→「セキュリティ」タブの「セキュリティのレベル」を 【中高】 に設定してください。
WebMail の文字が小さくて見づらい。
ブラウザのフォントサイズの設定を変更してください。

(例) Internet Explorer10の場合
「ツール」→「インターネットオプション」→「全般」タブの「ユーザ補助」をクリックし、
「Webページで指定されたフォントサイズを使用しない」にチェックを付けてください。
続いて、「表示」→「文字のサイズ」で、変更を行なってください。

(例) FireFoxの場合
文字だけ変更したい場合:「表示」→「ズーム」→「文字サイズだけ変更」にチェックを入れます。
その後に「表示」→「ズーム」→「拡大」or「縮小」をクリックし変更を行なってください。
全体を変更したい場合:「表示」→「ズーム」→「拡大」or「縮小」をクリックし変更を行ってください。
WebMail で送受信できる(1通あたりの)メールサイズは?
10MBまで送受信可能です。
WebMail に保存できるメールの総容量は?
2,000MB(2GB)まで、保存可能です。上限値を超えますとメールの受信ができなくなります。
不要なメールを削除してください。「削除済みフォルダ」のメールも容量に含まれます。
階層化してフォルダを作成したい。
「フォルダ管理」→「フォルダ追加」をクリックし、フォルダの追加画面を表示します。
現在のフォルダ一覧が表示されていますので、親フォルダにしたいフォルダ名をクリックしてから、新規フォルダ名を入力してください。
迷惑メール(SPAMメール)を振り分けたい。
東邦大学では、迷惑メールと判断したメールの件名に [SPAM] という目印を付加しています。
[オプション]→[自動振り分け] の設定画面に条件を追加して、「削除済み」フォルダや「SPAM」フォルダに自動で移動させることができます。
条件の追加方法は、マニュアル 【WebMailでSPAM(迷惑)メールを隔離する】 を参照してください。
なお、この2つのフォルダは、初期設定で 【30日経過後メールは自動削除される】 設定になっています。
「添付ファイルのサイズを確認してください」というエラーが出て送信できない。
添付ファイルのあるメールはエンコードという変換処理をして送信されるため、実際のサイズの約1.4倍程度に大きくなります。
例えば、送受信できるメールサイズが10MBに設定されている場合、実際に添付できるファイルサイズは約7MB前後ということになります。
WebMailを普段利用しているメールアドレスに転送したい。
WebMailにログインし、[オプション]→[メール転送] の設定画面で、
・ 「使用可否」を 【使用する】 にチェックを付ける
・ 転送先メールアドレスを入力する
最後に [追加] をクリックしてください。

※注意
WebMailにもメールを残したい場合には、メール転送設定画面の左上の【転送メールを自分のフォルダに残す】 にチェックを付けてください。

※注意
携帯電話へ転送する場合は、携帯電話の迷惑メール対策設定を必ず確認し、【toho-u.ac.jp】からのメールは受信可能となるよう設定してください。
転送設定をしたら、WebMailから消えてしまった。
[オプション]→[メール転送] の設定画面の左上の【転送メールを自分のフォルダに残す】 にチェックを付けてください。
住所録に登録しているはずなのに、検索されない。
検索は、全角・半角および大文字・小文字も区別されます。
また、例えば「澤田」さんは、「沢田」では検索できません。
一部の文字でも検索可能なので、確実に一致する文字を入力して検索してください。
メールを保存したい。
◎方法1
メールを1通ずつ表示して、本文の左上にある[その他の操作] をクリックして[ダウンロード] ボタンを押してください。保存ボタンを押すとメールが保存できます。

◎ 方法2
一覧から保存したいメールにチェックを付け、[メール一覧]の上部にあるその他の操作をクリックして、エクスポートボタンを押してください
保存ボタンを押すと選択したメールをzip形式で保存することが出来ます。ファイルを解凍して頂くと選択して保存したメールが表示されます

◎ 方法3
 一覧から転送したいメールにチェックを付け、[選択転送] をクリックし、指定のメールアドレスに送信してください。
選択したメールが添付されて1通のメールとして送信されます
(この場合どうしても1通のメール容量が大きくなりがちです。目安として1通のメールが1MB以内になるようご配慮をお願いいたします。
 ◎ 方法4
「フォルダ管理」→「エクスポート」をクリックすることにより、フォルダ単位でメールの保存が可能です。
         保存形式はzipになります。
携帯電話からWebMailを確認したい。
1.WebMailにログインし、[オプション]→[個人環境の設定]→[モバイル] の設定画面で、「モバイル端末からの使用」を
【使用する】 にチェックを付けて、[適用] をクリックしてください。

2.続いて、モバイル端末から、https://webmail.toho-u.ac.jp/cgi-bin/mobile/login.cgi にアクセスします。
ログインID/パスワードを入力し、[ログイン] を選択します。

※注意
ログインIDは、【[ユーザID] @ [ドメイン]】となります。
しつこい迷惑メールを受信拒否したい。
[オプション]→[受信拒否] の設定画面で、拒否したいメールアドレスまたはIPを入力して、[追加] をクリックしてください。
新着メールのポップアップ画面が邪魔なので表示させたくない。
[オプション]→[個人環境の設定]→[基本環境] の設定画面で、「新着メール自動確認」を 【いいえ】にチェックを付けて、[適用] をクリックしてください。
ただし、自動確認がされなくなりますので、定期的に [新着確認] ボタンをクリックして、新着メールがないか確認してください。
新着メールのポップアップ画面を表示させたい。
[オプション]→[個人環境の設定]→[基本環境] の設定画面で、「新着メール自動確認」を 【はい】にチェックを付けて、[適用] をクリックしてください。
さらに、インターネットエクスプローラの設定も変える必要があるので、
[ツール]→[インターネットオプション]→[プライバシー]→[ポップアップブロックを有効にする]のチェックマークを外してください。
「HTML」のプログラムソース文字が表示され、読みにくいメールがある。
メールの閲覧方法がHTMLを許可していないためです。
[オプション]→[個人環境の設定]→[基本環境] の設定画面で、「メール閲覧方法の設定」を 【HTMLを許可】にチェックを付けて、[適用] をクリックしてください。
なお、HTMLメールはウィルスメールやスパムメールに利用されることも多く、セキュリティ上不安な方は、【HTMLを許可しない】 を選択することをお勧めします。
古いメールは自動で削除したい。
[オプション]→[個人環境の設定]→[メールの自動削除] の設定画面で、自動で削除したいフォルダにチェックを付け、削除までの日数を入力して、
                  [適用] をクリックしてください。

※「削除済み」フォルダ,「SPAM」フォルダは、初期値で30日で自動削除されるよう設定されています。
[オプション]→[個人情報の変更]の設定画面で、送信者情報に「氏名:送信時に付けたい名前」、「メールアドレス:送信元にしたいアドレス」を入力し、追加をクリックしてください。
上部の「送信者情報変更タブに設定した送信者情報が追加されます。メール作成時に、「送信者」のアドレスの部分が出てきますので▼ボタンを押して頂き送信元にしたいアドレスを選択します。
メールを予約送信したい。
メールの作成画面の右下にある[詳細設定] をクリックし、【予約】 にチェックを入れて、日時を指定して送信してください。
携帯電話に送信すると、文字化けしていると言われた。
キャリアや端末によっては、文字コードを意識して送る必要があります。
WebMailの初期値は「ISO-2022-JP」ですが、文字化けしてしまう場合は、メール作成画面の右下の「詳細設定」をクリックし、展開された画面の中の「文字セット」から、「SHIFT-JIS」や「UTF-8」などを選択して、送信してみてください。
送信しようとすると、「その他のエラー」と出て、送信できない。
メールアドレスに、スペースや全角文字など使用できない文字が含まれている可能性があります。
携帯から届いたメールに「返信」をした場合、「"(ダブルクォーテーション)」などが入ってしまう場合もあります。
もう一度、メールアドレスを確認してください。